麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

独特の幻想世界を生み出した

泉鏡花(いずみ きょうか)  1873-1939

小説家・劇作家。明治6年金沢市に生まれる。本名鏡太郎。尾崎紅葉の門下となり「夜行巡査」「外科室」などの観念小説で認められる。その後、独特の文体で幻想的・神秘的な世界を構成し、今なお多くの読者を魅了している。元旗本屋敷だった広大な有島邸の向かいの下六番町11には二軒長屋があった。鏡花は、明治43年5月にそれまで住んでいた土手三番町から、彼37歳から66歳で歿するまでの29年間をその二軒長屋の左側で過ごした。この家から「夜叉ヶ池」「天守物語」などの名作が生みだされ、すでに「婦系図」で人気を博していた彼のもとには、多くの作家たちが集まった。


ジャンル 作家
ゆかりの地(旧) 下六番町11
ゆかりの地(現) 六番町5番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会