麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

耽美派作家が青春時代を過ごした番町。

永井荷風(ながい かふう)  1879〜1959

耽美派の作家・永井荷風(1879-1959)が若き日に住んでいた屋敷が一番町42(現:三番町6)にあった。ここに住んでいた時期は、明治27年(1894)16歳の時から。優秀な官吏であった父・永井久一郎は荷風が19歳の時、退官して日本郵船に入社し上海支店長になって単身赴任。荷風自身は東京外国語学校支那語科に入るもののあまり勉学せず、尺八や落語に凝り、小説を書いて懸賞小説1等賞を獲得したのもこの時期。まさに荷風文学の原点が、この三番町にあるといえよう。その後アメリカ、フランスへと遊学。戦前は「つゆのあとさき」「墨東綺譚」などの市井の風俗を赤裸々に描いた小説を書いた。

ジャンル 作家
ゆかりの地(旧) 一番町42
ゆかりの地(現) 三番町6番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会