麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

ミラノ・スカラ座で歌った初の日本人ソプラノ

原信子(はら のぶこ)  1893-1979

オペラ歌手(ソプラノ)。三浦環に師事しその後輩として活躍。とくに浅草オペラ全盛の頃は、自身でオペラ団を結成し一世を風靡した。その後、イタリアに留学し、オペラの殿堂ミラノ・スカラ座で日本人初のオペラ出演を果たす。帰国後は、ニ番町で後進を指導。戦後は、日本のオペラの代表作「夕鶴」の初演に出演。

ジャンル 歌手
ゆかりの地(旧)  
ゆかりの地(現) 二番町1番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会