番町麹町界隈『わがまち人物館』

番町文人通りの人々
番町文人通りの人々

近代日本文学を彩った人たち
近代日本文学を彩った人たち

樋口一葉と番町の人々
樋口一葉と番町の人々

麹町界隈の先進的な女性たち
麹町界隈の先進的な女性たち

輝けるアーティストたち
輝けるアーティストたち

西洋音楽のあけぼの
音楽発祥・発展のまち

社会・政治・経済のリーダーたち
社会・政治・経済のリーダーたち

江戸の残照
江戸の残照

麹町界隈の先進的な女性たち

このまちが、「新しい女たち」を生んだのか、「新しい女たち」が、このまちをつくったのか

若くして散った「たけくらべ」の作家 樋口一葉 

麹町の庶民の暮らしを描いた女流作家 網野菊

「女の吉川英治」と謳われた人気女流作家 吉屋信子

女性の視点からの官能と
         ロマンを謳い上げた歌人 与謝野晶子

西洋音楽黎明期の第一人者 幸田延
     その妹で最初の日本人ヴァイオリニスト 安藤幸

「蝶々夫人」で世界を魅了した国際的プリマ 三浦環

ミラノ・スカラ座で歌った初の日本人ソプラノ 原信子

独特の感性で日本の美意識を打ち出した 白洲正子



 先進的な女性を育んだ明治女学校

1885年(明治18)、木村熊二夫妻によって飯田町に創立された明治女学校は、当時「女学雑誌」の編集人で熱血の人でもあった巌本善治が引き継ぎ、1890年(明治23)に麹町区下六番町6番地(現:六番町3)に移転してきた。 羽仁もと子相馬黒光大塚楠緒子清水柴琴、野上弥生子(※)など、明治・大正・昭和に活躍する数多くの女性たちを育てたことで有名である。

当時は寄宿舎制度で、教員・生徒がこの地に住んでいた。この頃の教員には、巌本の妻の若松賤子、若き日の島崎藤村北村透谷津田梅子らがおり、女医の先駆けとなった荻野吟子も校医・舎監であった。

藤村が教え子の佐藤輔子に失恋したのもこの場所である。 1896年(明治29)火事に遭い校舎は焼失。その後は巣鴨庚申塚に移転し、1908年(明治41)には、その輝かしい歴史を閉じることになる。

※野上弥生子は、巣鴨移転後の生徒     


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会