麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

「或る女」を書いた白樺派の作家。

有島 武郎(ありしま たけお)1878-1923
有島邸

いわゆる有島三兄弟といわれる中での長男。学習院では皇太子の学友に選ばれる温厚な性格で、アメリカに留学。弟・生馬を通じて知り合った武者小路実篤、志賀直哉などとともに「白樺」を創刊。「カインの末裔」「惜みなく愛は奪ふ」など、次々と発表して文壇の寵児となる。しかし、不倫問題の末に軽井沢の別荘で女性記者・波多野秋子とともに45歳の生涯を終える。

ジャンル 文学
ゆかりの地(旧) 下六番町9・10
ゆかりの地(現) 六番町3番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会