麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

日本騎兵の父と謳われた

秋山好古(あきやま よしふる)  1859-1930
秋山好古

安政6年、愛媛生まれ。父は松山藩士であった。 明治20年(1887)にフランスに留学。日清戦争後、陸軍乗馬学校長に就任し、日本陸軍の騎兵部隊の強化に尽力した。

日清・日露戦争では騎兵部隊指揮官として活躍。とくに日露戦争では当時最強を誇ったロシア騎兵部隊を破り、後に「日本騎兵の父」と呼ばれた。その後は騎兵監、近衛師団長、朝鮮駐箚軍司令官などを歴任し、大将に昇進。退職後は郷里松山の中学校長を務めた。

ジャンル 軍人
ゆかりの地(旧) 土手三番町
ゆかりの地(現) 五番町

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会