麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

生涯「旗本退屈男」を演じつづけた

市川右太衛門(いちかわ うたえもん) 1907-1999

戦前からの映画の大スター。1925年(大正14)マキノプロに入社。独立して多数の時代劇で人気を集めた。中でも「旗本退屈男」は、戦前戦後を通じて31作に出演。戦後も、片岡知恵蔵とともに東映の重役スターとして時代劇映画界に君臨。60年代以降は、活動の場を舞台に移し「退屈男」を演じつづけた。晩年は、一番町20のマンションに住んでいた。


ジャンル 俳優
ゆかりの地(旧)  
ゆかりの地(現) 一番町20番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会