麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

漱石も憧れた美人作家

大塚楠緒子(おおつか くすおこ)  1875-1917

1875年(明治8)に、一番町49(現:三番町8)で生まれる。夫(美学者・大塚保治)の友人である夏目漱石に師事し、厭戦詩として名高い「お百度詣」や「空薫」などを発表。明治女学校の級友だった相馬黒光によれば「女ながらも震いつきたいよう」な美人であったという。彼女が亡くなった時に詠んだ「有る程の菊抛げ入れよ棺の中」の句が、漱石の想いを伝えている。

ジャンル 作家
ゆかりの地(旧) 一番町49
ゆかりの地(現) 三番町8番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会