麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

気風のいい江戸前の芸が持ち味

尾上松緑-2世-(おのえ しょうろく)  1913-1989

7世松本幸四郎の3男(本名:藤間豊、屋号:音羽屋)。6代目菊五郎の薫陶を受け、1935年尾上家ゆかりの2世松緑の名跡を継ぐ。歌舞伎役者として活躍する一方、舞踊藤間流の家元4世藤間勘右衛門を継承。菊五郎の死後は、菊五郎劇団を率い菊五郎の芸を守った。いかにも江戸歌舞伎らしい明るいおおらかな芸風は、戦後の歌舞伎界に欠かせない存在だった。紀尾井町4の現アルマーニが入っている建物が建つあたりに和風の屋敷があった。40歳の若さで急逝した初代尾上辰之助(3世松緑を追贈1946-1987)もここで育った。 生涯、華のある大スターだった

ジャンル 歌舞伎俳優
ゆかりの地(旧)  
ゆかりの地(現) 紀尾井町4番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会