麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

明治憲法の起草に加わった外交官

金子堅太郎(かねこ けんたろう)  1853-1942
金子堅太郎

嘉永6年、福岡生まれた官僚・政治家。

明治4年(1871)に渡米し、ハーバード大学で法律学を修める。明治憲法の草案起草に参画し諸法典の整備にも尽力。23年(1890)貴族院書記官長、貴族院勅選議員。農商務相、法相などを歴任。日露戦争終結時には旧友セオドア・ルーズヴェルト大統領と交渉し、外交工作にあたった。39年(1906)枢密顧問官。晩年は日米開戦まで一貫して日米友好に尽力したが、開戦の翌年死去。

屋敷は、一番町30番地(現:三番町5)にあった。

ジャンル 外交官
ゆかりの地(旧) 一番町30番地
ゆかりの地(現) 三番町5

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会