麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

私学発展に力を尽くした経済学者

呉文炳(くれ ふみあき)  1890-1981

呉文炳は、明治23年「統計学の権威」呉文聡の4男として東京麹町に生まれる。「信託」という新しい経済概念を日本に紹介し、また日本大学総長として日大の発展に貢献、 私学団体総連合会会長として、戦 後の混乱期の中、GHQ(連合国軍最高司令部)との交渉にも大活躍し、日本の私学校の発展にも尽力した功績は大きい。「教育基本法」の作成にも関与。著書「麹町今昔」では、かつての麹町のありさまがいきいきと描かれている。昭和56年11月18日永眠。 最後の言葉 は「じゃ、行ってくるから!」だったという。ちなみに明治女学校最後の校長で、女性ではじめて一番町教会の長老に選出された呉久美(1855-1910)は叔母にあたる。

ジャンル 経済学者
ゆかりの地(旧)  
ゆかりの地(現)  

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会