麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

抜群の編集センスが光る

佐佐木茂索(ささき もさく) 1894-1966
佐佐木茂索

佐佐木茂索は、京都生まれ。当初は編集者として活躍しながら、創作を芥川龍之介に師事し、菊池寛、久米正雄らと親交を結んだ。

大正8年『おぢいさんとおばあさんの話』をはじめ『南京の皿』『困った人達』など巧緻な短編小説で評判を呼ぶ。大正14年、芥川龍之介の媒酌で大橋房子(後に女流作家ささきふさ)と結婚。昭和4年、菊池寛に招かれ『文藝春秋』の編集長として辣腕を振い、専務となって菊池寛を裏で支えて経営に専念。また芥川賞・直木賞を創設したことでも有名。

戦争末期から身を引いていたが、戦後は菊池寛の後を受け文藝春秋新社の社長として文藝春秋の復興に努めた。小林一三に乞われて、東宝取締役も務めた。昭和8年、現在文藝春秋本社のある紀尾井町3番地の直木三十五の隣に住み、昭和14年からは平河町二丁目15に住んでいた。


ジャンル 作家
ゆかりの地(旧)  
ゆかりの地(現) 紀尾井町3番地 平河町二丁目

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会