麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

絶妙な節回しと美声で一世を風靡した

芳村伊十郎/7世(よしむら いじゅうろう)  1901-1973
武者小路 実篤

長唄唄方。本名:大田重次郎。昭和25年芳村伊十郎を襲名。その間、3世杵屋栄蔵にも師事した。歌舞伎では杵屋栄蔵、栄二の、営為総会では山田抄太郎、3世今藤長十郎といった、よき伴奏者を得て、豊かな声量と小節のきいた絶妙な節回しは、その美声と相まって他の追随をゆるさなかった。戦前は、旧日本テレビ本社正門前の向側にあった現在ニ番町4の3世杵屋栄蔵邸の隣に住んでいた。

 

ジャンル 演奏家
ゆかりの地(旧) 下二番町48 
ゆかりの地(現) ニ番町4番地3

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会