麹町界隈『わがまち人物館』
テーマ別に見る  
ジャンル別に見る  
カナ名50音順で見る

ダダイズムとモダン文学の旗手

吉行エイスケ(よしゆき えいすけ)  1906-1940
武者小路 実篤

1930年(昭和5)、当時24歳の作家吉行エイスケは、自分たち夫婦をモデルに『職業婦人気質』を出版した。その中で登場する無名作家田村英介が著者自身、妻の美容師田村スマ子が今なおかくしゃくとして活躍されている吉行あぐり(1907-)さんである。

そして作家の吉行淳之介(1924-94)、女優の吉行和子(1935-)さん、詩人の吉行理恵(1939-2006)さんの実父であることはいうまでもない。

 

ジャンル 作家
ゆかりの地(旧) 土手三番町19
ゆかりの地(現) 五番町3番地

 ※ゆかりの地での(旧)は旧地番を表記し、(現)とはその場所の現行地番を示しています。
     また、現行地番からのリンク先(既成地図ソフト利用)は、あくまでも「その周辺」とご理解ください。

 

参考文献:


千代田区麹町出張所地区連合町会・地域コミュニティ活性化事業実行委員会